光古戦場での学び

 

あけましておめでとうございます。

みなさん光古戦場の程は如何でしたか?

楽しかったですか?そうですか、良かったですね。

自分は、んにゃぴ...って感じですね。

ゼウス編成でイケイケのイケ、みたいな事も無く、牧歌的な光マグナでペチペチやってました。特に何かを成した訳でも無いですし、何処にでもいる平凡なグラブラーをいつもと変わらずやっていました。

ただ、個人的に今回の古戦場は”気付き”というか、”学び”が多い古戦場でした。主にhellのソロに関して。

あ、そっか~~!う~んなるほど?なるほどなるほどなるほど?う~んなるほど!

みたいな。

兎にも角にも学びが多かったので、今回の記事はそれについて書いていこうかなと。自分の思考をまとめるってのはやっぱり成長に繋がると思うんでね。

”自分の思考をまとめる”

めちゃくちゃカッコイイな。気に入っちゃったよ~、このフレーズ。

既に思考がまとまりまくってる卍グラブル最強卍みたいな人には特に何も無い記事かと思いますが、中間層と言いますか、自分と同じ様な日々勉強中のグラブラーに何か得るものがあれば!

 

 

  • 編成決めでの学び

自分は95hellを以下の編成でやっていました。

 

昭和の香りが画面越しにプンプンする様な編成ですね。

トール4凸使ってブイブイのブイじゃい!みたいなトレンディーなアレも無く、ただただ竹槍を振り回すだけの編成というのは見ただけでお分かりかと思います。

この編成に至った過程、いつもソロ編成を詰めてく流れはこんな感じ。

大まかな編成を作る

ぶつかり稽古して要点を把握

要点に合わせて編成を弄りタイム計測

タイムに伸びしろを感じた場合は微調整

完成!

団内の共有みたいなアレを除くと、大体の人がこんな感じでやってるんじゃないかな。

速い段階で95hellの要点は、75%のトリガーと通常特殊で付与されるシャドウをどうするかだけ、そこさえクリアすれば後の細々としたデバフは全部シカトでシャカシャカリロ殴りしてればいいと分かりました。

シャカシャカリロ殴り、って事は竹槍スタイルの出番ですね。

竹槍スタイルをご存知無い方に一応説明すると、アビポチ不要で火力が出せる系のキャラを詰め込み、硬直を最小限にする奥義の周り、単奥義→単奥義→2チェのループでひたすらリロ殴りする事を指します。全部単で回せたら最高ですが、それをやるには二手装備等色々なあれそれがあって出来るか出来ないかなんでね、2チェ一回は許容。要はクラシックグランブルーですね。

そんなこんなでサクサクと編成は決まっていきました。

デバフの関係でソーン、要点をクリアする為にグリム、要点の安定と奥義周りの補強でビリおじ、後は光シャルロザミアの竹槍コンビからどちらかを選ぶだけですからね。一応ハルマルを入れるとビリおじ1アビと合わせて防デバフ下限はクリアするので、竹槍三人衆も出来たり。

が、最後の微調整の部分がめちゃくちゃ時間かかって。

主にここ。装備のこの枠を巡ってのアレ。

f:id:dekasugirumara:20190221061138p:plain

剣染めの場合他の部分はほぼ固定だと思うんですけど、この一枠だけ自由枠ですよね。コスモスBL、ミトロン2種、黄龍フィスト等EX枠、7本目のシュヴァ剣と多種多様。

ちなみに弓4短剣2の両面シュヴァとかガラっと変えたのも当然試しましたが、個人的には無し。ミトロン多めの編成は無駄にポーション飲まされるとか、操作量増える割に速度は上がらないゴミだった。

話は戻りますがこの一枠決めるのにアホ程時間かかった。マジで。

いや微差だし別になんでもよくね!?って話なんですけど、やってて2:00~2:05みたいなタイムがあまりにも多くて、ここをビシッと詰めれば2分切り安定出来るんじゃないかと思い熱が入っちゃった。

最終的にはミトロン弓にしましたが、最後までコスモスBL、それに伴い光シャルとロザミアを入れ替えた編成とどっちがベストかは分からんかった。

ただ、個人的にバフ有り時はコスモスBL+ロザミア編成の方が良いなとハッキリ感じました。

理由は主に二つ。

一つ目は、2分切り安定の為には奥義の周りが肝心=足が遅く崩れやすいソーンの連撃補強。

二つ目は少し上と被りますが、光マグナは特有の全体的な連撃不足により、硬直時間とリロ後の暗転復帰時間の噛み合いが取れないターンが出てきます。なので、2キャラがDA20%UPする事でそこがほんの少しだけ改善する

って感じかな。

後はロザミア自体の評価ですが、開幕に1アビポチる必要がありますが常時追撃と奥義追加ダメはバケモン。バフ有りである程度素の火力に下駄履ける事と95hellのスパンを考慮すると、追撃付くのに時間のかかる光シャルより適正は高いのかな~って。

本当にこれが速度向上の理由なのかは分かりませんが、個人的には合ってるんじゃないのかなと。どうなんだろうね。

長々と書きましたが、以上の過程から今回学んだ事をまとめるとこんな感じ。

 

・竹槍スタイルは妥協案として優秀

今のグランブルーは、瞬間的なDPTでそれまでのあれそれのマイナスをぶっ飛ばして速度を出す事が多いですが、昭和の竹槍スタイルでも多くのグラブラーが満足出来るであろうラインの2分切りくらいは出来るんだな~って。

出来る、は何か正しく無い気がする。HP含めてそういう風にデザインされてるって方が正しいか。

何かそういうものを感じました。あ~よく出来てんな~って。運営側が意図したものでは無いと思いますけど。

武器もリミ武器2000本入ってる神石編成でも無い貧乏マグナですからね。上の上を目指すなら話は別ですが、マグナ+竹槍スタイルは妥協案として優秀だなと。自分の様な空き缶拾いで生計を立てている低所得ルンペンにも優しいゲームですね、グランブルーは。

いや、シヴァで下駄履いてるだけだろ~~~~~!!!!!!

ってカンカンな感じの人もいるかと思いますが、個人的に今回の編成はシヴァじゃなくてトール4凸でも2分切りは可能だったと思います。討伐ターン見てもらえれば分かると思いますが、シヴァ召喚ターンがラストターンじゃないですからね。

まあトール4凸持ってないんで、正直知らないですけどサプで取れる有用な石と無課金で作れるアーカルムはちゃんと用意しとくと良い事あるよ、って感じで堪忍してくりゃれ。

 

・バフの有無で装備等編成を分けると圧倒的成長

ATや副団バフ有り時にキャラを変えるってのはあるあるですが、他バフの有無で装備の一枠を†探求†したりするのは結果的にバフ無しでの編成に繋がったり、無意識の”理”を確認出来て成長できるね。

ここを今まで「何でもいいっしょw」と思ってやってましたが、ちゃんとやってみるとめちゃくちゃグランブルーの勉強になるな、と。

後は単純に楽しいね。これは自分の感情の話で全くアレですけど。

速度を出す、その為に編成を詰めるってのは、その編成を作成する為の装備集め含めてグランブルーの魅力ですからね。

古戦場ってコンテンツは、1日17時間のGvGと根本的な部分が腐っている為、如何に負担と報酬の兼ね合いを上手い具合に納めるかに運営もユーザーも終始し、ゲームとしての面白さは諦められた悲しいコンテンツですけど、ここの部分は純粋に楽しいね。

こんな感じで面白い部分もあるんだからさ、古戦場あれそれはいい加減付け焼刃な事やってないで根本的な部分を大幅に変えてほしいね。

 

ちょっとお気持ち入っちゃいましたけど、編成決めでの”学び”をまとめるとこんな感じでした。

 

  • 立ち回りでの学び

クソどうでもいいですけど自分めちゃくちゃめんどくさいオタクなんで、立ち回りって言葉の響きがむず痒く感じられて好きじゃないんですけど、他に言葉が見当たらないので致し方無し。

その”立ち回り”なんですが95hellは主にこんな感じでやってました。

 

初動に必要なアビをバーって押してディプラで睡眠魅了が入ったかは確認しつつゴー

2ターン目は単→単→2チェを作る為にビリおじ4アビ

3、4ターン目は初動で睡眠、魅了が入ったかでアドリブ効かせつつグリム召喚

いっぱい殴る

シヴァ

終わり

 

要は最初少しあれこれした後はポーション飲みつつ一生リロ殴りするだけ。

やる事はめちゃくちゃ簡単なので学びもクソも無いかと思いきや、ポーションというかチェイン硬直関連でありました。

ポーションを飲む時はチェイン硬直中に飲んだ方がいいってのは、グラブラーなら当たり前の知識かと思います。

ただ、コロゥ剣の性質もあり硬直が無い場合も飲んだ方がいいのか、後回しにして硬直発生時に飲んだ方がいいのかってのはふわふわな人が多いんじゃないのかな。自分も全然分かんないです。

一応2ターン後までにチェインが発生するなら後回しでいいかな~とかアバウトなアレはありますが、HPの減りは一定じゃないですし一概には判断できないですよね。何よりここ詰めてもリターン全然無いですからね。

まあそんな感じでふわふわやってたんですけど、プレイ中ふと

「奥義ゲージちょっと形悪いっすね~コロゥ剣のバフ急ぎてえな~あ~でも他心使うと2チェか~ヤダな~でもポーション飲みたいしいっか!」

ってなった事があって。

その瞬間クソびびった。ポーションを飲む為に硬直を許容するって自分の発想に。

実際その場面で正解だったのかは正直分かんないですし、ぶっちゃけ不正解な気がしますけど、この発想、気付きは”学び”だなと。

自分はグランブルーってアビ撃つにしても何にしても、そのままの意味しか無い行動にするよりちょっとしたオマケが付いてくる様にするのって地味に大事だと思ってるんですよね。アメリカ語で言うところのシナジーって言うんですか?ちょっと違うか。

奥義をズラすアビを使うのとかもこれと重なる部分がありますけど、ポーションやハーブの様な硬直中に行動できるものも合わさる可能性があるのか~って。本当にびっくりした。

その場面で見たらそのままな意味しか無い行動でも、それが数ターン後のチェインに繋がり、そのチェインのターンが被ダメージが多いトリガーと合い、ポーションを飲む時間が硬直時間中にあてれて結果としてほんの少し得をする、みたいな事も中にはあんだよね。きっと。多分。

おいおい今更そんな事学んでるとか初心者か?と思われる方もいるかもしれませんが、これはマルチや背水編成ばかりにお熱だった自分は全然気付けなかった、もう目から鱗

具体的にこの方法を活かしてチョーヤベー”立ち回り”を思いついたとか、そんな事は全然無いですし、仮に思いついたとしても1秒縮まる程度の差でしょうけど、ここの部分は意識していきたい。グランブルーのプロを目指す上でいつか活きてくると思うでありんすよ、わっちは。

 

マジで奥が深いね、グランブルー。

 

もうちょっと学びはあったはずなんですけど、何分痴呆なもので忘れちゃいました。寄る年波には勝てませんね。

というか学びってよりも、何かオタッキーが好きなゲームについて語ってるだけみたいな感じでしたね。ごめんなさい。

最近は引退した自分が如何にクレバーで、現役プレイヤーがどれだけ馬鹿かを語るのがトレンドですからね。ちょっとこんなグランブルー大好き系の記事だと流行りに乗れず、ブロガーとしてはだらしないかもしれませんね。

流行りに乗れないって事はクラスで”ハブ”にされちゃうって事でもありますからね。ヤダなあ...体育の時間また憂鬱な気分になっちゃうよ...

でも自分の様にクラスで”ハブ”にされてる、グランブルー大好きガリ勉オタクくんは少数ながらもいると思うんでね。

そういった方々の力に少しでもなれようなブログ、頑張るわよ~。

一緒に勉強していきましょ!

 

 

おわり